やさしい検査で安心の毎日
診療時間

医院からのお知らせ
2018/ 9/ 16当院の診療体制について
あっと言う間に 2018年も後半に差し掛かりました。暑過ぎた今年の夏もようやく終焉を迎え、朝夕もかなり過ごしやすくなってきましたね。
毎回のようにマスコミ報道される、超大型台風⁈も もうこりごりです。日本全国、今年 自然災害で被害に遭われ、未だにその傷跡が癒えていません。一刻も早く、状況復帰される事、心よりお祈りしております。
さて、当院の日常の診療は、表記された診療曜日、時間を必ずご確認ください。
特に、毎週火曜日の午後は往診専用日となっており、通常診療は行っていません。従って、火曜日、木曜日、土曜日の午後は診療しておりませんので、お間違い無いようお願いいたします。
2018/ 9/ 16安野泌尿器科医院は今春開院23年目。
🐳 安野泌尿器科医院 🐳は、阪神大震災の起こった平成7年4月3日にこの地、須磨区北落合で開院しました。
そして、皆様のお陰で今年の春、開院23周年を迎えます。
次男は、この4月から、専攻医2年目として神戸大学医学部の泌尿器科医師として、日々の仕事、頑張っているようです。
当院は、『なお一層の患者様への治療・医療サービスの向上・服薬の精度と迅速性の向上、待ち時間の短縮化』を目指し、昨年3月より電子カルテを導入しました。まだいまのところは 紙カルテと電子カルテの併用ですが、これからも患者様のためのより良い医療に全精力を注いで邁進することをお約束いたします。よろしくお願いいたします🙇
🐳 院長 🐳
診療関連のお知らせ
2018/ 9/ 16膀胱軟性内視鏡検査の予約状況
当院では膀胱内視鏡検査(検査時間2〜3分)を平日 毎日施行しています。
血尿が見られた患者様はもちろん、排尿状態に問題のある患者様の中で、1〜3人/月の割合で膀胱の悪性腫瘍が見つかります。
現在、2ヶ月先まで検査予約が入っており、その中でも検査を希望する方が増えています。
膀胱の腫瘍は、早期発見すれば開腹手術は不要です。
検査は殆ど痛みはありません。お困りの方は 悩んでいないで早めの膀胱カメラをお勧めします。
2016/ 8/ 1新規4台目の軟性膀胱スコープを追加導入しました。
2011年に14Fr軟性膀胱鏡検査を導入し、患者様の検査負担が軽減され、「胃カメラによる胃腸の定期健診」と同様な感覚で、軟性膀胱鏡検査を希望する患者様のニーズが高まりました。
このため、軟性膀胱鏡を2012年に1台追加・購入し、毎日の膀胱内視鏡検査に検査鏡2本で対応していました。今回、初代の検査鏡の老朽化に伴い、2015年3月12日よりさらに新規購入した内視鏡を導入して、毎日の内視鏡検査にあたり、安全かつ患者様に優しい内視鏡検査を目指しています。
この度、2016年8月1日より新規4台目に更新し、より安全な検査をめざしております。よろしくお願いします❗️
2013/ 8/ 26膀胱鏡検査時、「検査用パンツ」を着用していただくようになりました。
膀胱鏡検査の際、患者様に”検査用パンツ”を履いて検査を受けていただけるようになりました。
大腸カメラ検査時などでは以前から行われていたようですが、膀胱鏡検査ではほとんど行われていません。これに対し、当院で最近取り入れてみたところ、「これまでに比べ、抵抗なく検査が受けられるようになった!!」と大変好評を頂いております。
2011/ 7/ 19膀胱鏡検査に細径の軟性膀胱スコープを新規導入しました。

膀胱鏡検査機器として、14Fr軟性膀胱スコープを新規導入しました。
これにより、膀胱ガンなど膀胱内の精密検査の際の、患者様への検査負担が大幅に軽減され喜ばれています。
2011/ 3/ 25X線撮影にデジタルCR機器を新規導入しました。

X線撮影にデジタルCR機器を新規導入しました。
これにより、撮影時の患者様へのX線被爆線量のさらなる軽減と、鮮明かつ詳細な画像が得られるようになりました。